メニュー 閉じる

遺言・家族信託等について

遺言について

遺言は大変複雑な制度であり、遺言書がないばかりに「争続」問題が発生し、骨肉の争いがおきてしまうことも多々あります。

高度な専門性が必要とされる業務です。

ただ、一般に高額になってしまう場合も多いものです。

そこで、当事務所では、リーズナブルな料金で正確な、そして、高い満足度の得られるサービスを提供しております。


家族信託について

家族信託という制度は熊本ではあまり浸透していないかもしれません。

しかし、この制度は、従来の遺言や成年後見制度で不十分であった点を補うことができるのです。

非常に魅力的な制度ですが、制度設計をするには非常に高度な技能を必要としています。

詳細はブログに譲りますが、一言でいえば、上記の欠点を補い、法の枠組み内で自由に設計ができ、意思がしっかりと反映されたものを作れる制度です。

例えば、浪費者に関しても、委託者(財産を委託する方)の意思を強く反映でき、毎月いくらづつ支払うといった制度設計も可能です。

 

なお、私は、大学にて、成年後見制度や家族信託で非常に有名である新井誠教授より直々に教授されました。